Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

プレゼントプレイ

菅野ひろゆきメモリアル』に収録の「プレゼントプレイ」をやっているのだが、ナミが出演してくれなくて困っている。攻略サイトもあまりなくて、どうにも先に進めない。達成率100%のセーブデータがネット上に落ちていたので、もう自力で進めるのは諦めて、そのデータを使って面白そうなシナリオだけ拾い読みしようかしら。

このゲームは短編集のようなもので、半分近くのシナリオは正直いってそれほど面白くなかったりする。ヒロインも麻生ユウキ以外はあまり好みじゃないし…。でも「往復書簡」というシナリオは文章が上手くてとても良かった。『世界の中心で愛を叫ぶ』をちょっと連想したのだけど、個人的にはこっちの方が好みだ。

ちなみに、タイトルの意味を良く理解してなかったのだけど、"present a play"で「演劇をやる」という意味なのね。勉強になりました。

あと、どうでもいいけど、背景の絵が先日プレイした「タナトスの恋」と結構かぶっている。というか、「タナトスの恋」の方が発売年は後だから、そちらのほうが再利用しているのか。

関連記事