読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

宮台氏の科学的実在論

社会学 哲学

こういう文章を見かけたのだが

なんだかなぁ。科学的実在論反実在論を取り上げている最初のセクションは本文全体にとってそんなに関係あるんだろうか。関係あるにしても、このセクションの議論は色々杜撰だと思うよ。

20世紀戦間期以降の主流は論理実証主義に代表される反実在論である。従来、惑星運動はニュートン力学(に基づくケプラーの法則)で説明されてきた。だが1919年に登場した特殊相対性理論は全く異なる仕方で惑星運動を説明し、以降パラダイムがシフト。ニュートン力学は実在からかけ離れていると見做された。 

論理実証主義が科学的反実在論を支持したのは確かだが*1反実在論の代表格といえるかどうかは微妙だし、「20世紀戦間期以降」が現在も含むのなら、反実在論が主流とは到底言えないと思う。20世紀後半になって、セラーズやパトナム、G. マクスウェルらによって実在論は復活を遂げた。

特殊相対論が登場したのは1919年ではなく1905年頃だと思う。しかし、この文章は惑星運動の説明を論じている文脈なので、水星の近日点移動を一般相対論が正確に説明したという歴史的な経緯を踏まえるならば、「特殊相対論」は「一般相対論」の誤植ではないだろうか。とはいえ、一般相対論が登場したのは1915年頃だと思われるので、それでも年号に関しては修正の余地がある。

アインシュタインは明確に実在論の立場に立つ。ユダヤ人の彼にしてみればナチスによるユダヤ人600万人大虐殺を記述する歴史的言明がムー大陸が存在したとする類の言明と選ぶ所のない仮説的ビジョンに過ぎなくなるのは許しがたい。だからこそ彼は観測以前は不確定なものが観測行為によってその都度収束するという類の言明さえ受け入れたがらなかった。 

ここまで偉そうに書いてきたが、私はアインシュタインが宮台氏の言うように実在論者なのかどうか知らない。アインシュタイン量子論に不満をもっていたのは知っているが、科学哲学で問題にされる意味での科学的実在論を彼は本当に支持していたのだろうか?ちょっと眉唾なのではないかと疑っている。というか、そもそも、ここで歴史的言明の例を持ち出すことが、科学的実在論をめぐる論争と何か関係あるのだろうか。

関連記事

*1:追記:意味論的なレベルでの科学的反実在論と言った方が正確だったか。cf. Scientific Realism (Stanford Encyclopedia of Philosophy)