Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

後期プラトン問題?

宮台真司のこの10年くらいの文章を読むと、かなりの頻度で初期プラトン/後期プラトンという対比が登場するのを眼にする。彼によると、この対比はネタとベタという対比と重ねることができるそうだ。しかし、本当にそんなつながりがあるのか率直にいって疑問だし、そもそもプラトンを初めとする古代ギリシャに関する彼の論じ方の中には事実誤認が多いと思う。

宮台が初期プラトン/後期プラトンという対比についてプラトンの著作名を挙げて説明しているのは、『幸福論』p.319n46くらいだと思われる*1。だが、この箇所も正直何言っているか判然としない…。知性主義に傾倒も何も、『プロタゴラス』や『メノン』を読んだ印象から言えば、プラトンは最初から主意主義ではなく知性主義に傾倒していたのではないだろうか。

単純な事実誤認の例としては、ペロポネソス戦争アテナイが敗北した後で、後期プラトンに移行したことにされていること*2。しかし、年号を確認すると、ペロポネソス戦争はBC431年―404年で、ソクラテス裁判がBC399年であり、プラトンが著作活動を始めるのはソクラテスの死後であるから、そもそも計算があわない。これは些細なポイントなので、とりあえず年表を確認してほしいところだ。

関連記事

田島正樹氏のブログには、宮台のミメーシス論への批判がある。

この辺の話題は、宮台がつとに参照しているハヴロックの著書とあわせていずれ検討してみたいと思っている。

Postscript(2014/3/8)

うーん、これは結構やばいんじゃなかろうか。

周知の通り、解剖学の創始者は14世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチだ。彼はルネサンス的世界観を体現するが、そこにおいては、古代ギリシアプラトン的世界観の影響下、マクロコスモス(宇宙)とミクロコスモス(人体)との間の対応が信じられていた。

周知の通りかなぁ。解剖なんて古代アレクサンドリアで人体解剖が行なわれていたし、ガレノスですら猿の解剖とかならやってる。ルネサンス以降に限っても、解剖「学」の創始者なら普通はヴェサリウスではないかな。まぁ、この種のオリジナル論争は不毛といえば不毛だけど。

この引用文では「プラトン的世界観の影響下」と言っているが、そのすぐ後では

神が全能でスゴイから〈世界〉に秩序がある──こうしたキリスト教的世界観を否定するのが、初期ギリシアを参照するルネサンス的世界観だった。

まさか、プラトンは初期ギリシャではないよねぇ…。初期ギリシャの哲学は前ソクラテスpre-socraticというくらいなので、ソクラテス以後の哲学者であるプラトンには当てはまらないと思うけど。

*1:参考文献としてプラトンの専門家ではなく共著者である堀内氏の論文が挙がっているけど、大丈夫か。首都大図書館に行かないと読めないみたいだから、誰も読まないだろうけど。この堀内氏という人は一見したところ大変な秀才のようだけど、大丈夫なのかしら。p.81辺りの議論の展開の仕方とか見ると不安になる。

*2:http://www.miyadai.com/index.php?itemid=959