読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

喫煙のリスク

喫煙のリスクは長いこと論じられている。それは知っているのだが、世の趨勢がどうなっているのか、素人にはどうも分からない。

少なくとも、喫煙と肺がんの間に相関関係があるのは間違いない。ガードナーの本によると、肺がんは1920年代に急増し始めた。それは喫煙習慣が急速に普及してから20年ほど経ってからのことだそうである。そして、喫煙率が1960年代から70年代にかけて低下し始めると、多くのがんがその20年後に低下し始めたのだとか*1

より問題含みなのは、喫煙が肺がんを引き起こすという因果関係があるのかどうかである。因果関係まで認めるのが多数派だと思うけど、懐疑論者がそれなりの数いるのも確かである。統計学者のフィッシャーとか、心理学者ハンス・アイゼンクは懐疑的な学者として有名だ*2

こういう懐疑論者に対しては、どうせタバコ業界に利害があるんでしょ、と疑いたくなるかもしれない。これは自然な反応だと思うけど、他方で、喫煙のリスクを強調する側にも偏向があるのでは、という指摘もあるらしい。広瀬隆によると、禁煙運動は1950年代のアメリカではじまった。ネバダ州ではすさまじい原爆実験が行われ、大量の放射能がアメリカ西部に降り積もった。そのとき、プルトニウムがタバコの葉に付着してガンを引き起こすという批判に対抗して、タバコこそが肺がんを起こしていると原子力産業が嘘の宣伝をしたのだった。この禁煙運動はいったん収まったが、1980年代以降、オフィス内のタバコのヤニが電子回路の接触部にトラブルを起こすようになって、車内禁煙が求められるようになった。このエレクトロニクス業界の慣習は、全世界に輸出され、健康被害へと転嫁されていったのだ、と*3

解剖学者の養老孟司はこんな記事を書いている。

上の記事は最初に「今さら言われなくても、たばこが健康に悪いことなど、昔から誰でも知っている」と書いてあるのだが、読み進めると広瀬氏と同じ程度にはタバコのリスクを過小評価するようなことが書いてある…。二つ目の記事だと「副流煙の害なんて最初から信じてなかった」と言っている。うーん。

でもまぁ、広瀬や養老といった人々の言い分が正しいとしても、タバコに害がないということにはならないだろう。最初は単なるスケープゴートだったが、本当に害があることが後になって判明した、という可能性は十分に考えられる。ちなみに、アメリカでは、タバコ会社の製造物責任を問う訴訟が何度も起こされ、原告の訴えが退けられてきたのだが、1990年代に入るとニコチンの依存性が明確に認められるようになってきた*4。やはり、喫煙はヤバいのではないかと思う。

関連記事

*1:ダン・ガードナー『リスクにあなたは騙される』文庫版 p.377

*2:アイゼンク(編)『スモーキング』

*3:広瀬隆『文明開化は長崎から(上)』p.66

*4:宮崎哲弥『新世紀の美徳』p.94