読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

eternalwind氏追悼

俺は自分が貧乏人の生まれで、貧乏人の立場から見て、「弱者の味方リベラル様」の意見が全く役に立たず、むしろ弱者の敵になってる事実に怒ってるだけのアカウントなんですよ。たまたま受けてるのは、俺と同じような意見が世界的に表面化してるからでしょう…

紙の月

それほど期待していなかったのだが、TSUTAYAで同じ監督の『桐島~』を借りてみたら、とても面白かったので、劇場に行ってみることにした。『桐島~』ほどではなかったけれど面白かったです。元AKBの大島優子が素晴らしかった。正直、主演の宮沢りえよりも…。…

感想:マレフィセント

すごく面白かった。終盤のアクションとか格好いいし(小並感)。 従来の眠れる森の美女とは(ちょっと)違う、というのが売り文句の本作。何というか、シナリオの整合性にかなり気を使っているのが伝わってくる。もちろん、疑問が全く残らないというわけでは…

けだもの組合

マルクス兄弟の映画『けだもの組合』を観たのだが、日本語の字幕だと絶望的にわけわからない映画だ。元凶は英語のダジャレが多用されていることである。ただでさえダジャレの翻訳は難しいのに、映画の字幕はできるだけ短くしなければならないから、本当に無…

her 世界でひとつの彼女

昨日の続きのような話題だが、この映画では、主人公の彼女は身体すら持たないAIという設定になっている。果たして人間とAIの間に恋愛は成立するのか。映画は明快な答えを与えるわけではなく、人間とAIが愛し合うとすれば直面するであろう問題の数々を、想像…

永遠の0

話題の映画『永遠の0』を見に行ってきた。悪くない映画だと思ったのだけど、1週間ほど前はそれほど乗り気でなかった。というのも、池田信夫氏がこう言ってたからのを読んだから。 私は見てないけど、『永遠の0』の落ちは「特攻隊は家族のために死んだ」とい…

トルストイ

見に行こうと思っていたけど見逃した映画を借りた。 終着駅 トルストイ最後の旅 コレクターズ・エディション [DVD] 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 発売日: 2011/08/24 メディア: DVD クリック: 9回 この商品を含むブログ (5件) …

風立ちぬ

宮台真司が『風立ちぬ』についてコメントしている。 「つまらんかった」【宮台真司】宮崎駿監督の風立ちぬを語る。 - YouTube うーん、YouTubeのコメント欄にもあるけど、現実の女を描いてないから駄目、っていうのはあまりに短絡的。菜穂子が抽象的すぎて受…

リンカーン

最近、スピルバーグの「リンカーン」を観た。この映画はリンカーンが死ぬ数か月前の政治的駆け引きだけに焦点をあてた異形の作品で、アメリカ出身の知人からも、リンカーンについて知るという目的のためにこの映画を見るのはあまりお勧めできないと言われた。…

最強のふたり

ヴィヴァルディの「四季」を聞きながらこれを書いてる。 " title="ヴィヴァルディ:協奏曲集">ヴィヴァルディ:協奏曲集アーティスト: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団カラヤン(ヘルベルト・フォン),ヴィヴァルディ,アルビノーニ,カラヤン(ヘルベルト・フ…