読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

トルストイ

見に行こうと思っていたけど見逃した映画を借りた。

 悪妻とされるトルストイの妻ソフィアに焦点を合わせた、面白い作品。ソフィア役のおばあちゃんが何だかかわいらしい。「主人公」の定義を知らないので、だれが主人公かは分からないけど、ソフィアに感情移入しやすく話が組み立てられているのは確か。

世間で悪妻とされる人が、視点を少し変えると悪妻でないことはよくある。例えば

クサンティッペが悪妻であったのでは、たぶんない。ソクラテスが好色かつ酒好きな道楽者で、無能のひとだったのである*1

財産を守るというと強欲にも聞こえるが、作品の価値を理解していない取り巻きに騙されて財産を奪われるのを恐れると言えば道理にかなっている。話はやや違うけど、婚外子(非嫡出子)の相続権に関する民法の規定を見直す最近の動きに関して、見直しに反対する保守的な人の中には、この作品のソフィアと似たような憤りを感じている人もいるだろうと想像する。

ところで、映画の序盤で、「農民が貧しいのは彼らが純粋だからだとでも言うの?」みたいなソフィアのセリフがあったと思うけど、純粋な人はこういう自明なことが分からないことがある。ウィトゲンシュタインとか…。トルストイ主義に感化されて農村の小学校教師になったけど、農民たちの狡猾さに失望したのだったかな。

*1:熊野『西洋哲学史』p.68