Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

チョムスキー雑感

チョムスキーが[一般向けに]書いたものを最近いくつか読んでいる。チョムスキーは毀誉褒貶の激しい人で、言語学者の中にも彼を毛嫌いする人は多い。嫌う理由が完全なる誤解に基づいていることもあるようだが…。まぁそれは仕方がない。

理解に苦しむのは、完全な誤解に基づいてチョムスキーを嫌っている言語学者が、チョムスキーについての入門書を書いていたりすることだ。田中克彦チョムスキー』とか町田健チョムスキー入門』など。これらはネットで少し調べた限りでもすこぶる評判が悪いのが分かる。にしても、自分が嫌ってる対象・分野についての入門書をわざわざ書くかね。町田氏はソシュールについての入門書も書いていて、そちらは中々の評判らしい。町田氏は構造主義者でソシュールにはシンパシーがあるだろうから、入門書の方もまともな仕上がりになるのだと思う。

構造主義者はチョムスキーを誤解に基づいて嫌いぬく傾向にあるのかもしれない。ソシュール研究者の丸山圭三郎が書いた新書『言葉と無意識』にはこんな箇所がある(pp.153-155)。

表層、深層という用語を使うアメリカの言語学者N・チョムスキーが言葉の表層的研究にとどまる典型であることは皮肉な話である。彼にとっての深層とは、[…]観念の領域であり、これを表層に顕在化したのが物質ということになる。しかし、観念ほど表層的ロゴスの産物はないであろう。彼は意識の表層を物質と観念に二分して、後者を深層と考えるだけのホリゾンタルな思考からぬけ出してはいないのである。

[…]

したがって、チョムスキー生成文法は、生成とか深層と言っても、所詮は一切の分節に先立って存在するスタティックな精神的鋳型の仮説に過ぎない。そしてこの仮説こそ、チョムスキーが信奉するもう一人の哲学者・デカルトが受け継いだ西欧形而上学の伝統<主/客>の枠組であり、近くはドイツ観念論の主体=精神という図式であることが容易に見てとれよう。

正直なところ丸山が何を言っているのか私には十分に理解できないのだが、この箇所のチョムスキー批判って、チョムスキーは「生成」とか「深層」という言葉を俺が興味深いと思う意味では使ってない、という程度のものでしかないように思える。チョムスキーが意図している[と丸山が考えている]「深層」の用法は、チョムスキー自身が念頭に置いているであろう用法とは重ならないからだ。

後年のチョムスキーは「表層構造」と「深層構造」は彼の文法理論のテクニカルタームであって特に深遠な意味をもたないことを強調している。誤解を避けるために「深層構造」の代わりに「d構造」と言うようになったり*1、素人が書いた文章では「深層構造」を「普遍文法」に置き換えると意味が通ることが多い、などと言っている*2(上で引用した文章を見る限り、丸山が「深層」をチョムスキーテクニカルタームとして理解していないのは確かだが、「深層構造」を「普遍文法」に置き換えてすら意味が通るか怪しい気がするけど)。

ところで、チョムスキーという人は新しい用語を導入するのがあまり器用でない人、という印象がある。「深層構造」は典型的だけど、他にも誤解を招きやすい用語があるんじゃないかと思う。例えば、ピンカーは「主題役割thematic role」は主題とは大して関係ない、とか言っていた。

*1:もはや手遅れな感もあるが

*2:生成文法の企て』p.46