読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

生存圏

ナチス・ドイツの戦争目的は、ゲルマン人のための「生存権Lebensraum」を確保することであったとされている。すなわち、一つの「人種」、最も純粋であるとみなされた一つの民族が、そこにおいて安全に生存・存在しうる空間を確保しなくてはならない、とされたのである。だが、この戦争への衝動は、さまざまな意味で不可解である。そもそも、一定の公認の領土をすでに所有している民族の存在のために、あえてその領土の外部に、侵略的な仕方で空間を獲得しなくてはならないのはなぜなのか*1。 

その手がかりを得るには、第一次大戦の飢餓体験に遡る必要があるようだ。戦争の長期化とイギリス海軍による海上封鎖のため、ドイツ帝国では生活物資や食料は底をついた。戦争3年目の冬は「カブラの冬」といわれ、栄養失調で亡くなったドイツ人は30万人にのぼった。厭戦機運がたかまり、ストライキがおきた。第一次大戦における餓死者の数は、第二次大戦において空襲で死んだ人間の数よりも多いという。これほど強烈な飢餓を経験したものだから、第一次大戦後のドイツ人たちが、最終的に「生存圏」としてウクライナの穀倉地帯を確保しようとしたのはまったく理解できないことではない。つまり、イギリス海軍の海上封鎖を受けたとしても飢えずにすむための手段なのだ、と。もちろん、こうした利己的な拡張政策は、ヨーロッパの他の諸国にとっては侵略でしかないので、ヒトラーは生存圏を確保することを目指しながら、実際には自国を危険にさらすことになったのは言うまでもない。しかし、ヒトラーと彼を支持したドイツ人にとって、生存圏の確保は理屈ではない目的だったのかもしれない・・・。

さて、こういう説明は、私にはかなり筋が通っているように思われるのだが、もちろん、これは大澤が提供している説明とは異なる。大澤は、当時のドイツが置かれていた状況に対する考察をほとんどしないまま、1937年の秘密会議でヒトラーが言ったとされる、中東欧に「民族なき空間volkloser Raum」が必要だ、という言葉に問題の手がかりがあると仮定し、よく意味の分からない抽象論に終始しているだけだ。「民族なき空間」という表現がホスバッハ覚書のなかのどういう文脈で使われているのかすら説明しないで推測を述べられても、困惑するしかない。何が社会学者だよ。

関連記事

*1:大澤真幸『文明の内なる衝突』p.41