読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

昨日の追記

調べてみたら色々わかったので、補足してみる。

  • ケーガンによる件の表現の元ネタは、ジョン・グレイ(政治学者ではない)という作家の"Men are from Mars and women are from venus"という本(邦訳:『ベスト・パートナーになるために』)だという。
  • "Mars"が戦争の象徴ということは常識。"marshall"といった表現にもみてとれる。
  • この場合の"from"という語は、空間的な場所に関係しているのではなく、根拠basisに関係している。イミフな行動をとった相手に対して、"Where are you coming from?"と言った場合、文字通りに出身地をたずねているのではなく、どういう理由でそれをやったのかを問いただす。

以上を踏まえると、やはり"Mars"と"Venus"を「火星」「金星」と訳している段階で誤訳と断じていいのではないかと思った。

Postscript(2012/4/13)

火星は男性を、金星は女性を表すという考え方がある。火星の占星術記号は「♂」で、金星の占星術記号は「♀」である。「♂」は男性器の形状なのかと思っていたけど、これは間違いで、盾と矛を表すのだとか。知らなかった…。ちなみに、惑星の占星術記号といえば、土星の記号「♄」は『女神転生』で通貨の単位として使われてますな。
ところで、『戦国ランス』に登場する上杉謙信ちゃんのテーマ曲(↓動画参照)は"Mars"というタイトルだけど、これは火星ではなくて、軍神という意味…のはず。