読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

楽園project

という記事を読んで、この曲を知った。≪ToLOVEる≫と≪ToLOVEるダークネス≫は原作をある程度読んではいるけど、アニメは(いまだに)未視聴。キャラソンでも不思議ではない歌詞なのに、OP曲で使われていて、それも声優でない歌手が歌っているのが面白い。

一度聞けば分かるように、アニソンの部類としてはかなり複雑な曲だと思う。シンコペーションを多用していて、歌詞とリズムを合わせるのが難しい。でも、いい曲だと思います。私は好きです。(これをいい曲と判断する段階で感性がもう普通じゃないんだと、上の記事を読むと思い知らされるけど)

もっとも、この曲の面白さは楽曲そのものよりもPVの方かもしれない。

なんというか・・・

  • 歌手の化粧が随分ケバくて、全く高校生っぽくない
  • かめはめ波とかスペシウム光線などダンスが謎すぎる
  • 顔がぼやけているけど、後ろのダンサーは男性なのではないか
  • あの制服を3次元で再現するとこうなるのか

などなど突っ込みどころが多すぎて困る。

ただ、歌手のことが気になってYouTubeで検索したらライブ映像がひっかかったのだが、パフォーマンスが酷過ぎたのは残念だった。知らない方が良かったかもしれない。CD音源だけで満足していればよかった。

ところで、いまさら『ToLoveる』を読み直して思ったけど、この漫画で私の好きなキャラは校長かもしれない。今ではもう初登場のときとはデザインが随分変わっているのは、だんだんと今のような立ち位置に落ち着いていったことを示唆する。ヤミちゃんに刻まれたり、キョウコちゃんに燃やされても、次回にはピンピンして登場するとか、宇宙人のような耐久力としか思えないのだけど、この漫画の舞台設定だと、本当に宇宙人であっても不思議でないのがまた面白い・・・。

Postscript (2015/1/6)

ゲームのオープニング曲「やわじゃないDID!!」を聞いた。歌詞は正直どうかと思うけど、曲は悪くないですね。楽園Projectと同じ作曲者かと思ったけど違った…。あと、ゲームのPV(↓)はいろんな意味でひどい。