Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

シェルドンに学ぶ反心理主義

理論物理学者を専攻する「ビッグバンセオリー」の主人公シェルドンには、ほかの分野を卑下することがよくある。ルームメイトのレナード(実験物理学者)に対しても辛らつだが、特に人文系に対する毒はすさまじい。

Penny: ... has he [= Leonard] ever been involved with someone who wasn’t a brainiac?

Sheldon: Oh. Well, a few years ago he did go out with a woman who had a PhD in French Literature.

Penny: How is that not a brainiac?

Sheldon: Well, for one thing, she was French. For another, it was literature.*1

たいていの場合は、このように正当化なしに一方的に卑下するだけだが、そうでないときもある。神経生物学を専攻するエイミーとのやり取りなんかがよい例となる。

Sheldon: Excuse me, but a grand unified theory, insofar as it explains everything, will ipso facto explain neurobiology.

Amy: Yes, but if I’m successful, I will be able to map and reproduce your thought processes in deriving a grand unified theory, and therefore, subsume your conclusions under my paradigm.

Sheldon: That’s the rankest psychologism, and was conclusively revealed as hogwash by Gottlob Frege in the 1890s!*2

シェルドンは一種の還元主義者で、物理学の大統一理論ができれば神経生物学もそこに還元されるはずだと予想している。エイミーは、統一理論を作っている科学者の思考をトレースしているのが自分たち神経生物学者なのだから、自分たちのほうが偉いと思っている。これに対して、シェルドンはそんなのは1890年代にフレーゲが論駁した心理主義そのものだ、と言う。哲学を勉強してきた人間として、ここはちょっと興味を惹かれるところだが、シェルドンは一体何を言っているのだろうか…。

まず、1890年代のフレーゲの著作がどれを意図してるのだろうか。『算術の基礎』なら1880年代だし、論文「思想」なら晩年の1910年代だから合致しない…。あと、フレーゲは論理学や算術が思考の法則を研究するわけじゃないということは言うけれども、物理学の話はしていないだろうから、ここでシェルドンがフレーゲを持ち出した理由はあまりはっきりしない。

心理主義を批判した有名人は、フレーゲのほかにもフッサールがいる。フッサールなら次のように言うかもしれない。学はあらゆる学の基礎であり、論理学のもつ規範性を心理学は説明できないから、心理学が論理学の基礎になることはありえない。そして、論理学はあらゆる学の基礎であるから、物理学の基礎でもある。よって、心理学が物理学の基礎となることもありえない…。

これは一応筋が通ってると思う。でも、この筋でいくと、物理学が一番エライことにならないから、シェルドンにとってはやや都合が悪い気もする。

*1:Series 02 Episode 01 – The Bad Fish Paradigm | Big Bang Theory Transcripts どうでもいいけど、すごく頭がいいという意味のbrainiacの綴りがbraniacになってたので修正した。

*2:Series 04 Episode 03 – The Zazzy Substitution | Big Bang Theory Transcripts