Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか

知り合いから強く薦められたので読んでみたのだが、正直あまり楽しい読書にはならなかった。たしかに、著者は博識で興味深い論点もいくつか提示しているとは思うが、文章のスタイルはあまり明快とはいえない。wikipediaによると「左翼の小室直樹」と呼ばれてるそうだが、少なくとも小室さんはもっと明快な文章を書くのではないかな。文章のスタイルは(私の知る範囲だと)柄谷行人とかに近いと思った*1

「左翼の小室直樹」と呼ばれてるわりには、旧来の左翼に批判的なことも結構言ってるという印象である。とはいえ、例えばローマクラブは1972年の報告で「成長の限界」を科学的に証明した(p. 140)とか、昨今、ブラック企業など搾取というしかない現象が復活しているのは資本主義の没落の印で、企業は人件費の切り詰めによってしか利益を出せない(p. 140)といった断定を行っているところを見ると、左翼的だなぁと思ったりする。

さて、本書のタイトルは『なぜヨーロッパで資本主義が生まれたか』なのだが、章ごとの独立性が高く、これが本書の問題意識というわけでは必ずしもないと思う。一読した印象だと、全体を貫くアイデア(の一つ)は、キリスト教が諸悪の根源の一つ、といったところだろうか。ヨーロッパの世界制覇、科学の誕生、資本主義の誕生、環境破壊などに、いちいちキリスト教を絡めてくる。なんとなく、ニーチェの『アンチキリスト』を思い出させる。

そういうわけで、本書は一種の文化決定論を提示している、といえる。本書の立場が全体としてどのくらい説得的かは意見が分かれよう。とはいえ、本書の立場が全面的に正しいとは到底考えられない。例えば、近代の資本主義こそが精神病の原因というのが本書の立場なので、著者は今どきの精神医学は精神病には生物学的要因があるとして、文化社会的要因を無視している、などと批判してる(p.129)。でも、統合失調症をもっともよく予測するのは一卵性双生児が統合失調症であることだということを踏まれれば、生物学的要因に注目するのは当然だと思うよ。

なお、本書には日本史について論じている章もある。「私は日本史についてそれほど知識があるわけではないので、本来なら語る資格などないのだが~」と前置きしているのが少しおかしくて笑ってしまった。ヨーロッパ史とかヨーロッパ思想史なら語る資格があると思ってるんだなぁ、と*2。その数ページあとで、「古事記」と「日本書紀」という「国史の書が二つもあり、その色合いが違うことは問題にされたことがありません」(p. 203)と言いきってる箇所があったりして、ホントかね?などと思ったり。

肩肘はらずに「こんなこと考えている人もいるんだな」と思って読めばいいんじゃないかと思う。

*1:あくまでスタイルの話であって、同じこと考えているというわけではない。たいした論証なしにズケズケ色んなことを言うところが似てる。

*2:細かなミスを探すとたぶんキリがないと思うが、いくつか例を挙げておく。ビール・ワイン・ブランデーなどは修道院で開発された(p.22)とあるが、ビールやワインは中世よりもっと前に開発されてると思う。「名誉革命」で史上初めてレボリューションという言葉が使われた、本来は天体の公転などをさす言葉だが、一度は王を処刑した国で王制が復活したので一回転して元に戻ったということだと言ってるが(p.46)、語源辞典を見る限りrevolutionの使用はもう少し古そうだし、そもそもクロムウェルが死んだ後まもなく王政復古しているのであって、その後、ジェームズ2世が追放されたのが名誉革命ではないのだろうか…。