読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

指標詞

言語学

指標詞には二種類あると言われる。

  • 純粋指標詞pure indexical:「私」「今日」「ここ」など
  • 直示語demonstrative:「これ」「あれ」など

指示対象を決めるために発話者の意図が絡んでくるのが直示語という感じだろうか。

こんな区別はたぶん1970年代くらいまでなかったし、そもそも「指標詞indexical」という用語法すら定着していなかったのではないかと思われる。クワインの『ことばと対象』(1960)の21章にある註によれば、当時は

  • イェスペルセン:転移詞shifter
  • ライヘンバッハ:トークン反射的token-reflexive
  • パース:指標index

といった多様な名称があったことがわかる。