読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

マリオRPGのBGM

マリオRPGを最近やり直して思ったけど、このゲームは本当によくできているなぁ、と。シナリオもいいし、ゲームバランスもいい。マリオのことは知っているけど顔は知らないという人々に自己紹介するときにスーパージャンプをみせる、とか、マロが両親に再開するときにマリオが傘をさす、みたいな演出も心憎い。クッパツンデレという原作にない設定も、それで上手くいっていると思うし、あと、「ヤリドヴィッヒ」みたいなネーミングセンスも素晴らしい。

このゲームのBGMは、特に、対武器ボス戦の曲が、中毒性が高いという評判。

 

実際には、この曲は次の曲をアップテンポにしたバージョンだったりするが、こちらの曲はあまり評判にならない気がする。

また、同じテーマが、ラスボス戦(前半)のBGMにも使われている。オルガンの使い方がとても下村さんっぽい…。

こうして見てみると、ちゃんと武器ボスたちでテーマが統一されていたんだと実感する。それと、このテーマ自体が、下村さんのオリジナルというよりは、スーパーマリオブラザーズでダンジョン内で流れるBGMのテーマの変奏という気がしなくもない。このゲーム中にもオノレンジャーを追跡する場面で一度だけ、オリジナルに近い形で流れるけど…。