Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

サカサマ

このアニメでは、上下が逆転した人種が登場する。監督によれば、青空の下で寝そべっていると、空に向かって落ちていきそうな錯覚を映像にしたかったそうだが。

サカサマのパテマ 通常版 [DVD]
 

ほとんど関係ないけど、哲学史では上下の逆転にまつわる話にしばしば出くわす。それは、植物と人間との対比において、である*1

プラトンによると、人間は「地中ではなく天上に根をもつ植物」なのだという。魂の知性的な部分を含む頭部は、地上ではなく天上の世界と親縁なのだとか。逆に、アリストテレスによれば、口は栄養摂取に関係しているので、頭は植物の根に喩えられる。中世には、頭を地中に埋めて転倒した人間が描かれたという*2。つまり、

何というか、この想像力には恐れ入るよ。

しかし、初期近代の医学者チェザルビーノは、『植物論』(1583)において、人間と植物のどちらも直立している、と論じた。動物も栄養摂取は腹部の胃腸の毛細血管から発して、心臓や頭の方に登っていくからである。

ド・ラ・メトリは「人間植物論」(1748)という小冊子を書いた。ここに至って、人間と植物との絶対的な区別が否定されるようになった。

*1:以下は、山下正男『植物と哲学』pp.11-17を参照。

*2:『西洋哲学史I』p.420