Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

嘘つき

嘘つきのパラドクスの有名な例として、エピメニデスのパラドクスが知られている。ディオゲネス・ラエルティオスによると、このエピメニデスという人は、57年もの間眠っていたらしい*1。恐らく、この伝説を下敷きにしてであろう。ラッセルは、エピメニデスが「すべてのクレタ人は嘘つきである」という寸言を述べたのは、目覚めた直後のことだったのでしょう、とトボけたことを述べている*2。「俺が57年も眠ってただって!?ウソだ!よくもだましたアアアア!!」といったところだろうか。

wikipediaによると、エピメニデスのパラドクスを現代になって明確に取り上げたのは、ラッセルが最初のようだ。「タイプ理論に基づく数理論理学」(1908年)という論文が初出のようだ。こんなところでも、やはりラッセルは偉い、ということか。

ところで、嘘つきに関連して、最近こういう漫画を読んだ。

24のひとみ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

24のひとみ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

私は最近までこの作品を知らなかったけど、ドラマになったみたいだから、結構有名なのかもしれない。各話のクオリティが高くて、素晴らしいギャグ漫画だった。主人公がサイコパスというか…。終わり方も凄かった。

*1:『哲学者列伝(上)』p.102

*2:『論理的原子論の哲学』p.172