Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

インセストについてのメモ

近親交配について少し調べたのでメモ。

それは有害なのか

まぁ、一般に言われているように有害なのであろう*1。劣性の致死遺伝子は、ホモになった場合だけ発現する。一人の人間がもっている致死遺伝子の数はよく分かっていないようだが、ポイントは、近親交配すると劣性の致死遺伝子がホモになりやすいから危険、ということであろう。

永井俊哉は、近親婚に徹した社会はかえって優生学的に安定した社会になると主張している*2。最初これを読んだときは「ファッ!?」ってなったのだが、部分的には正しいことを言っているのかもしれない、とは思う。実験動物には、近交系(inbred strain)という、遺伝子の100%近くがホモになっている動物がいる。そういう動物が子を作る際には、近親交配自体はまったくなんの悪影響もないからだ。

しかし、だからといって、動物のインセスト回避が、致死遺伝子の発現を防ぐメカニズムであるという点を否定する必要はないと思う。だって、近親交配しても悪影響を及ぼさなくなるまでにはそれなりの世代を経る必要があるし、その過程で多くの犠牲を払う必要があるのではないかしら。例えば、スペインのハプスブルク朝が断絶した原因は、近親婚のやりすぎではないか、という説があるらしいですよ*3。恐ろしい…。

インセスト禁忌

インセスト回避のメカニズムが先天的に備わっている動物は少なくない。人間もその例外ではない。例えば、フィンランドの人類学者ウェスターマークは、『人類婚姻史』において、幼少期から同一の生活環境で育った相手に対しては、長じてから性的興味を持つ事は少なくなる、と指摘した(1891年)。こうした心理学的メカニズムの存在は、イスラエルキブツという農業共同体の観察においてある程度実証されている*4

しかし、インセスト禁忌という規範に関するダーウィン主義的な説明に対しては、人類学者が反論してきた。反論にはいくつかのバリエーションがある。ここでは、それらに対するドーキンス利己的な遺伝子』の応答を主に参照してみる。

  • インセストを回避する本能が備わっているのなら、それを規範的に禁止する必要などないではないか。

これは、かつてフロイトが『トーテムとタブー』(1913)においてウェスターマークの説に投げかけた疑問だった。しかし、この反論を一般化すると、自動車にはドアロックがあるから、もしイグニッションロックが泥棒よけの装置であるとは考えにくい、という主張も導いてしまう、とドーキンスは応える。

デーゲンは、フロイトによる有名なエディプス・コンプレックスの学説をインセストの有害性という観点から否定している*5。近親相姦への欲求よりも、近親相姦を忌避する方が自然界の法則にはうまく適合しているはずである。エディプス王の悲劇は、彼が生後間もなく両親から引き離されてしまったがために、ウェスターマークの心理メカニズムが働かなかったことで生じたと考えることができる。

  • インセスト禁忌の規則は、文化ごとに異なっているから、それが生物学的な機能をもつことはないのでは?

これはよくある議論で、一見すると説得的に思える。しかし、ドーキンスは、文化ごとにセックスの体位が異なるかもしれないが、だからといって性的欲望がダーウィン主義的な適応でないとは言えないであろう、と応答する。察するに、文化ごとに規則が違うことは人類学者が更に解明すべき仕事ではあっても、インセスト禁忌が上でみたような危険を回避する機能をもつ、という点は問題なく認めてよい、ということだろうか。

機能主義の人類学は、まだ希望がもてるって考えてよいのかなぁ。

韓国人の遺伝子

嫌韓ネトウヨの人々が、試し腹とかいう悪習のせいで韓国人の遺伝子は異常なほどに均質であるとかいう説を流布させている。しかし、儒教は近親相姦に対して否定的だと聞くし、この説は常識的に考えても疑わしいわけだが、実際デッチ上げっぽい。

*1:宮崎哲弥は「近親性交によってできる子供が遺伝的に劣悪だなんてデタラメ」と言っているけど・・・。『M2 われらの時代に』p.90。この発言のソースを知りたいぞ。

*2:貿易と結婚の起源|システム論アーカイブ論文編|永井俊哉

*3:ヒトは遺伝的多様性が高いので近親交配が危険 : 5号館のつぶやき

*4:松本俊吉『進化という謎』p.23

*5:デーゲン『フロイト先生のウソ』pp.202-204.