読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

軌道エレベータ


池田信夫が数年前におしていて話題になったのが記憶に新しい軌道エレベータだが、軌道エレベータをテーマにしたSFを読んだ。

天体の回転について (ハヤカワ文庫 JA コ 3-3)

天体の回転について (ハヤカワ文庫 JA コ 3-3)

「それ何てラノベ?」って最初思った。全然知らなかったけど、割と本格派の小説家さんなんでしょうか。ちなみに、短編集なので、表題の小説はすぐに読める。

なぜこれを読もうと思ったのかというと、タイトルがコペルニクスの本と似てるから*1コペルニクスの方は『天球の回転について』が正確だと思うけど、小説はわざと変えてるのかなと気になってチェックしてみたのだった。

たしかに、天球とか出てこないし、コリオリの力とかが話題になってるので「天体の回転について」で問題ない気がする。でも、この小説の英題は"On the Revolutions of the Celestiral Spheres" なので、天体と天球の区別がついてないのかもしれない。あと、解説の文章で

天動説の提唱者コペルニクスの著書 p.365

と書いてあるのを見てビックリした。太陽中心説が地動説と同じというのは一見すると混乱させるかもしれないけど、これはマズいですよ…。

Postscript(2014/12/6)

上の間違いほどひどくはないにせよ、ちょっとどうかなと思う間違いを見つけたので紹介。高橋昌一郎『理性の限界』p.116について。これも『天体の回転について』とコペルニクスの著書を紹介してるけど、それ以外にも・・・

惑星が天上で後戻りする逆行現象が古代から観測されていて、そのような奇妙な動きもそれぞれの惑星の円道で説明しなければなりません。そのため、天動説は80もの「周転円」と呼ばれる惑星軌道の組み合わせから合成されていました。 

逆行を説明するだけなら、周転円の個数はあまり関係ないし、そもそも周転円の数が80というのは多すぎでは?cf. Daily Life:「科学的思考」のレッスン

*1:岩波文庫の邦題だとそのまんま『天体の回転について』である。天体の回転について