読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

トランプ

小熊英二の新書『社会を変えるには』を読んでいたら、トランプの歴史的背景についての説明が出てきて、それが結構面白かったのでメモしておく*1。 

社会を変えるには (講談社現代新書)

社会を変えるには (講談社現代新書)

 

小熊の説明によれば、中世ヨーロッパの世界では、騎士と聖職者と商人と農民という身分があった。で、それぞれの身分は、スペード・ハート・ダイヤ・クラブによって表され、これらから世界が構成されている、というのがトランプの世界観らしい(p.250)。本当かしら?

それで、ちょっと思い出したんだが、映画『レオン』のED曲 "Shape of my heart" の歌詞って

I know that the spades are the swords of a soldier
I know that the clubs are weapons of war
I know that diamonds mean money for this art
But that's not the shape of my heart

「スペードは兵士の剣」ってところだけは、対応してなくもなさそうだけど…。全然関係ないのかな。

*1:この本、哲学史の話をしている箇所を除けば、普通にいい本なんじゃないかという気がする。分厚くて全部読むのはしんどいので、哲学史パートは斜め読みでいい。