読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

ペルソナ・ノン・グラータ

ケネディ駐日大使が外交上の慣例を無視しているとか、日本について無知すぎるといった声がネット上で噴出している。

ケネディ姫」をペルソナ・ノン・グラータ認定すべきではないかという暴論まで出てきた。これ、もとは歓迎されない人物という意味で、いまでは外交官待遇を拒否するという外交用語らしいのだが、私の場合、この用語をはじめて目にしたのは、哲学者クワインの本を読んだときだった。

クワインの『ことばと対象』には「招かれざる存在者(Entia non grata)」という節がある。この節でクワインは、存在するとは認めたくない存在者の候補を挙げていく。例えば

  • sake, behalf といった名詞の指示対象
  • マイルなどの測定の単位
  • 可能者(possibilia)
  • 事実

など。具体的にこれらのケースをクワインがどう扱うのかは、『ことばと対象』を各自読んで確かめてほしい。