読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

哲学者の殺害

優れた哲学者が病に倒れて早死にすることは、しばしばある。でも、殺害されるケースとなるとあまり聞かない。私が知っているのはだいたい以下のケースで尽きてる。

  • ラムス:アリストテレス論理学を手厳しく批判し、数学教育に力を入れたルネサンス期の重要人物。カルヴァン主義者だったため、聖バルテルミの虐殺(1572年)に巻き込まれて死亡
  • モーリッツ・シュリック:論理実証主義の親玉で、ウィトゲンシュタインと親交があったことでも知られる。ウィーン大学構内で元学生に銃殺された(1936年)。
  • リチャード・モンタギュー:自然言語の意味論で知られる論理学者。「1971年3月7日、数名の仲間と自宅で夜会を開いていたモンタギューは、浴室で絞殺死体となって発見された。犯人は逃走し、事件の真相はいまだに明らかとなっていない」(wikipedia

ソクラテスは裁判で死刑になったので割愛。まぁ、古代は結構悲劇的な学者が多いかもしれない。アルキメデスとかセネカとかヒュパティアとか…。