Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

『探究II』

探究2 (講談社学術文庫)

探究2 (講談社学術文庫)

だいぶ前にこのブログで、東浩紀『存在論的・郵便的』の、言語哲学に関わる箇所における用語法のルーズさを難じたことがある。今回は、柄谷行人『探究II』を素材にして、似たようなことをやってみる(私も暇なものだ…)。具体的には、3章1節と4章1節からテキトーに抜粋して、コメントする。

ソクラテスは人間である」において、主語の「ソクラテス」が実体であり、述語の「人間」は偶性である。(p.38)

ふつう「偶有性」は性質などについて用いるので、[第二]実体ないし形相に対しては用いない。

固有名は、多くの個体を指示する可能性がある… 例えば、ソクラテスという名の人間は大勢いるので、ソクラテスによって個物をあらわすことはできない。それに対して、ラッセルは、「これはソクラテスである」という文における「これ」が、真の固有名(論理的固有名)であり、究極的な主語であるとみなした。ラッセルのいう「これ」はx(変項)である。正確にいえば、「xが在り、xはソクラテスである」といういい方になる。(p.39f)

日常的に使われる固有名が、複数の個体にあてはまるという意味で多義的であることは、確かに問題ではあるが、ラッセルが固有名を偽装された記述とみなした主要な理由は別のところにあるのではないか。例えば、固有名の指示対象が存在しないケースをどうするのかという問題。「バルカン」とか「ペガサス」とか。

ところで、「xが在り、xはソクラテスである」は開放文に見えるし、「在る」が一階の述語として使用されているように見える。しかし、ラッセルは存在を個体の性質とは考えていない。命題関数の性質と考えていたのでは。

「これ」以外のすべての主語を述語とみなす論理学は、述語論理と呼ばれるが、それが完成するためには、ふつうの固有名を記述(確定記述)に置き換えられるということが前提となる。(p.40)

この前提はどっから来たのだろう。自然言語の固有名を、一階言語の定項に対応させるのは、それほど変じゃない。形式言語シンタックスを定義したことがないのではないか。

確定記述とは、漱石を「『吾輩は猫である』を書いた小説家」というようなものである。それは一人しかいない。したがって、記述理論は固有名を単称命題言明と同一化する(p.54f)

使用と言及の区別を守るなら、「「漱石」を「『吾輩は猫である』を書いた小説家」というようなもの」と言うべきか。それにしても、「単称命題言明」という言い方は、ふつう聞かない。命題と言明を重ねるというのが何とも奇妙。結局、ラッセルは確定記述を消去して、存在言明へと置き換える手順を示したので、そのことも考慮するなら、この箇所は、固有名をふくむ言明を「存在」言明と同一化する、と言うべきであろう。

クリプキは、固有名があらゆる可能世界にわたって妥当するがゆえに、それを固定指示子と呼ぶ。(p.55)

「妥当」という語はこの文脈ではふつう使わない。固定指示子の定義は色々あるが、標準的なのは、ある指示子が固定指示子であるとは、その現実の指示対象が存在する可能世界ではすべて同じ対象を指示する、というものではないか。

・・・ここまではまだマシで、個人的には、柄谷の言っていることはよく分からないというのが正直な感想。上で引用してきた言語哲学の部分は大雑把に何の話をしているのか分かるけど、2節以降ではソシュールとかヘーゲルとかハイデガーとかが登場して、連想ゲームが始まるので、ついていけなくなる。 

関連記事