読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

るろ剣

ここ数日、とても久しぶりに『るろうに剣心』を読み返していた。終盤のダレ具合はどうしようもない…と思わないでもなかったけれど、それでもやはり名作だと思った。あちこちで頻発する作者の遊び心が面白い。「剣心謙信を語る」とか。

制作秘話というか著者のフリートークも面白い(学術書でも大抵の場合、あとがきには著者の個性があらわれて面白いけど)。子どものときは固有名をあまり知らなかったので多分読み飛ばしていたんだろう、色々発見があった。薫のモデルは龍馬の恋人とも言われる千葉佐那だとか…。あと、デザイン上の元ネタになってるゲームや漫画などについては今でも大半が知らないものばかりだ。それでも、『エヴァ』の影響が濃厚なのは分かった。志々雄編とか結構すごいことになってたんだ…。

これは勘違いかもしれないけど、宇水の捨て台詞、「お前はこれから近代化する明治で…どこまで刀に生き…「悪即斬」を貫ける…か…な……」(14巻)は『ライブアライブ』現代編のラスボスの台詞が元ネタかな、と思った。志々雄編は悪の美学をとにかく描ききってやろうという意気込みが強く感じられる。でも、ちょっと少年漫画向けすぎる表現が多い気もする。ところで、私は前に読んだときから蒼紫が好きなのだが、3巻で恵に対して短刀を返すところの冷徹すぎる台詞が特に格好良い。これは少年漫画っぽい台詞ではないと思う。