読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

ユクスキュル

木田元の本を読んでいると、ユクスキュルという生物学者の名前によく出くわす*1。シェーラーやハイデガーはこの人の学説から大いに啓発されたらしいのだが、正直なところ、彼の思想のどこが斬新なのかよく分からない。人間以外の動物にとっては与えられた環境が全てだとか、動物は特定の刺激にしか反応できないとか言われても、「そりゃそうでしょう」としか思えない。

ちなみに、東浩紀によると、ハイデガーは「動物は世界が貧しい(weltarm)」という文句を残しているそうだ。ティンバーゲンの本とか読むと、一見すると知的なことをする下等動物は実際にはすごく機械的なルーチンワークしかやっていないということが暴き出されていて楽しいのだけど、ユクスキュルもそういう仕事をやってたようだ。ダニの話は有名だ。こんな話。

ユクスキュルの報告では、自分の出番を待ちながら18年ほどおやすみ中のダニがいたそうです。…この種類のダニさんは、酪酸という物質の臭いだけに反応し、37度という温度だけを唯一の味覚にして、獲物に向かっていくのだそうです。逆に言えば、その環境が得られない限り、後々のハイデガーのタームを使えばその環境に「窮乏して」いるばあい、しかたないのでダニさんはおやすみ*2

ダニの行動は「汗をかいている哺乳動物を認識する」という風な志向的記述を与えることもできる。とはいえ、所詮頭の悪い単純なルーチンワークしかやってないことには違いないのだから、こういう志向的記述を与える必然性があるわけでもない。ダニは世界が貧しい。

ハイデガーの思想 (岩波新書)

ハイデガーの思想 (岩波新書)