Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

意味論って…何?

個人的には、よく聞くけど、結局のところあまり理解できていない概念の典型がこれ。`semantics’という言葉は、ギリシャ語で「記号」を意味する言葉に由来する。モリス以来、言語学では構文論と意味論と語用論という3つの区分分けが成立したという話だ。構文論は文法みたいなもので、意味論は言葉の意味を研究する、と。

もう少し細かく分けると、特定の言語の意味に関する理論は意味論的理論semantic theoryと呼び、言語学の中で意味の体系的研究を扱うものを意味論semanticsと呼んで区別するようだ*1デイヴィドソンの意味理論は主として前者に関係しているのかな?

特定の言語の意味に関する意味論的理論はふつう真理条件意味論を採用している。もっとも、それが唯一の選択肢というわけではないのだろう。認知意味論のように百科事典的な知識に訴えるタイプの意味論もありうるし、そういうアプローチは隣接分野への応用も利くのかもしれない。例えば、以下のような文章について考えてみる。

社会システム理論では意味論semantics という概念が枢軸を成す。この概念は歴史学の観念史研究に由来する。例えば「生徒」という概念は独立自存せず「先生」「学校」…などの諸概念からなるパッケージの中で初めて意味を持つ。このパッケージを意味論という。
意味論の構成要素はワンワードに対応する概念のみならず「先生を敬うべし」「生徒の心を理解すべし」といったコード(指令情報)や価値観(評価情報)も含み得る。観念史という場合、個別概念や命題ではなくこうした意味論的パッケージの変遷をさす。*2

宮台はここでいう「意味論」の概念はhistory of ideasに由来すると二文目で言っているが、「生徒」を例にとった三文目以下の説明は、むしろフレーム意味論を連想させる*3。『システムの社会理論』とかでも格文法に対する共感を示していたし、彼はフィルモアから強い影響を受けてるんじゃないかと推測してみる。

*1:クレイン『心は機械でつくれるか』p.209

*2:宮台真司『世界はそもそもデタラメである』p.119f

*3:フレーム意味論 - Wikipedia