Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

共和国とは

スクウェアの名作『Romancing SaGa 2』のエンディングから。

  • 子供「皇帝陛下はどうなったの?」
  • 詩人「陛下はアバロンに戻ると自ら退位して、帝国は共和国に変わったんだ」
  • 子供「きょうわこく?」
  • 詩人「もう少し大きくなればわかるよ」

正直なところ、大人の私は子供の問いに自信をもって答えられる気がしない。でも、少し考えてみた。

帝政ローマ共和政ローマの区別とか、フランスの帝政と共和政の区別を念頭におくと、一般には「共和国」というと、王様やら皇帝といった君主が支配する政体の対極としてイメージされてるように思う。しかし、このイメージは厳密には正しくないようで、例えば、小室直樹は次のように述べている。

リパブリックというと、日本人はすぐに共和国と訳したかるけれど、これがそもそも大間違いです。[…] たとえば、ナポレオンが皇帝になるときに、「皇帝は共和国とその人民のために全力を尽くす」という宣誓をしている。日本語の感覚からすると、皇帝がいたら共和国ではないということになります。もともと、日本語の共和ということばは中国に起源があって、周の時代の皇帝がいないときに、いく人かの貴族と官僚が政治をやった例が強烈なイメージになって残っている。だから、共和国というと王様がいないという意味になってしまいかねないが、英語やフランス語のリパブリックというのはコモンウェルス[=国家]の意味で、王様や皇帝の存在は無関係*1

言われてみると、そうなのかもしれない。哲人王を説くプラトンの『国家』は英語だと"Republic"だったりするし、実際「共和国」と訳されることもある…。

それでは、ナポレオン(1世、3世)のフランスをこんな風に「共和国」と言いくるめられるとすると、ローマについてはどうなのだろうか。この疑問に関しては、岡田英弘の本が参考になる*2。まず、いわゆる「ローマ帝国」の正式な名称は、ラテン語では「レース・プーブリカ」であって、「元老院と民衆の共有財産」を意味する。「レース・プーブリカ」は英語の「リパブリック」の語源。また「レース・プーブリカ」に実力で君臨した「アウグストゥス」の資格は、正式には「元老院の筆頭議員」でしかない。元老院は中国にはなかったから、「アウグストゥス」を中国式に「皇帝」(光り輝く天の神)と訳すのは、完全な誤訳。したがって、ローマに皇帝がいたことはなく、ローマが帝国であったことは一度もない!

ただし、岡田は「共和国」や`republic'の用法がフランス革命以後になって変わったという風にも書いてる。この点は、古風な用法から一貫して同じ意味でrepublicを使おうとしてる小室とは少し違うように思える。