読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Skinerrian's blog

論理学・哲学・科学史・社会学などに興味があるので、その方面のことを書きます。更新は不定期。

AとO

伝統論理と現代の論理学の違いとして、主語概念の存在措定がよく指摘される。実際のところ、伝統的な三段論法の中には、存在措定なしには妥当でないものが幾つか混じっているという。要するに、全称命題「すべてのSはPである」を現代風にすると

  • ∀x(Sx→Px) & ∃xSx

という感じになり、赤字の部分をどうするかという話。赤字の部分を加えて全称命題を解釈する場合、三段論法の規則は救うことができる。でも、伝統論理には三段論法の他に対当表というものがある。例えば、全称肯定命題Aは特称否定命題Oと矛盾対当の関係にあるとされる*1。しかし思うに、存在措定をしてしまうとAとOが矛盾対当ではなくなるようだ…。とすると、伝統論理はそのままの形では保持できないようだ。さて、どうしよう(ストローソンのジレンマ)。

現代哲学基本論文集〈2〉 (双書プロブレーマタ)

現代哲学基本論文集〈2〉 (双書プロブレーマタ)

どーでもいいけど、ストローソンのテキストは大抵翻訳がイマイチだと思う。

*1:伝統論理では、肯定AffIrmと否定nEgOの母音をつかって全称/特称の肯定/否定を表現する。